スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪魔の脚本

嫌よ!こんなの嫌!

私はただ、楽しく配達したいだけなのに・・・!

どうしておなかが痛くなるの!?

これが予定調和だとしたら、いったい誰の予定なの・・・?






腹下し編



惨劇フラグ。





はい。腹巻してても腹痛くなるのマジ勘弁。それに加えて今回はもっとひどい事件が起きている。

私のおしりの右側につぼ状火山ができてる。たしか溶岩の粘性が高いヤツであってるよね?

つまり、だ。 にきびの究極完全体変異種のようなものができて

私の右側の山を侵しているのだ。およそ直径4センチ?ワカンネ

しかしこれがスゲーーー痛い。触れただけで顔をしかめてしまう。

もう少し下にできていたならば座ることもできなければバイクにも乗れない。

っていうのはちょっと大げさだがそれほど痛いんだ。

この前やっと膿を搾り出すことができたがそれも少量。

まったく衰えない。

膿とともに大量の鮮血も噴出して自分で痛々しい。

膿よりやたら血ばっかり出る。




本日は配達の前にシャワー浴びて、上がって尻のチェックしてたらなんか噴出してきたので

ティッシュでフキフキしておいた。

抜かりなく絆創膏も装備した。

――そして配達。そこで第一の惨劇発生。

腹痛という名の衝撃。

ぐっ・・・と第一波をこらえ、ひと時の安堵もつかの間、第二波の予感を察知した。

マンションへ向かおうとしていた体を180度変え、持っていた読売4部、経済1部もかごに押し込んで店へと向かう。

店へバイクを付けて、階段を上りいつも使っている共同トイレに向かう。

間に合った・・。 と心の中で胸を撫で下ろす。

まだ腹に不快感が残るが、今日は新聞が来たのが遅い故にいつもより30分くらいずれている。

しかたない・・。 と毎度の如く尻を拭くが・・。

そこで第二の惨劇発生。

ペーパーではなく、親指の付け根辺りに血が結構な量付いてきた。

そこ、痔じゃないぞ! ペーパーは正確に谷間の穴を捕らえていた。

だとしたらこの感覚は・・・!


そう。例の火山の位置だった。

絆創膏はどうした!?シールドブレイクされたのか??

あっけなくシールドは破られ、私の下着すら深紅に染めるほどの勢いだった。

下着が白かったわけじゃないので、赤黒い奇妙な光沢を放っていた。

時間もないので、とりあえずその場は何もすることができなかった。

腹、尻の不快感そして眠気と闘いながら朝刊を配ることになる。
スポンサーサイト
プロフィール

うぐいすどん

Author:うぐいすどん
あることないこと、なんでも書きます。
更新不定期、内容乱雑

そうだ楓サーバです

MapleStory_100219_175857_129.jpg

MapleStory_110209_163543_526.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
よく見つけたね すごいというのが控えめな表現だよ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。