FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

hai

皆様、こんにちはこんばんはおはようございますー。

本日は、秘境であり辺境の我がブログへようこそおいでくださいました。

これは偶然というべきか、必然というべきか、それは誰にもわかりません。

どちらにせよ、出会うことのできた奇跡がそこにあるのではないでしょうか。

人は出会いがあることで自分を更に高めることができます。

今回の私との出会いはどうでもよいとして、この先の出会いを大切にできたら、と思います。








このたび私は、PS2ソフト「ひぐらしのなく頃に祭 カケラ遊び」を閲覧しておりました。

PS2本体もってないのに罪なことです。

アニメにはなかったPS2オリジナルストーリー「澪尽し編」を見た上でのちょっとした感想のようなものをこの場を借りて書きたいと思います。間違っていたり、私の独りよがりや、偏見、などがあるかもしれません。ご了承願います。




・概要
 今回PS2「ひぐらしのなく頃に祭」には収録されていない「祭囃子編」とほぼ同時間軸で展開されていると思われる運命の袋小路である6月をを突破する所謂「完結編」にあたるものではないかと思います。
主に前原圭一、古手梨花の視点により物語は進んでいきます。
----




正直言いますと、最初のほうとかがあまり思い出せないでいます・・・。
澪尽し編は平均プレイ時間が15時間前後だそうです。
全編あわせた総プレイ時間で言うと、どうやら100時間を超えてしまうそうです。

えっ?ちょっとそれなんのRPG?っていう程ですね。



「祭囃子編」とちょっと比較しつつ、進めて生きたいと思います。
また、「祭囃子編」はアニメのほうしか見ていないため、完全な知識が乏しい可能性が考えられます。
その上、「祭囃子編」を見てからだいぶ時間が経っているということもあります。
さらには、学校においての授業中にひぐらし系統のss(一般ユーザによる2次創作ストーリー)を見ているため(ダメだろッ)なんだか頭の中が収集付きません。一般ユーザさんの作品もすばらしいです。



さて、「祭囃子編」と「澪尽し編」の大きな違いは、羽入の存在ですかね。

「祭囃子編」においては、羽入は人間として実在し、部活メンバーと共に闘う、という方針でした。

しかし、「澪尽し編」では、新しい"雛見沢"に輪廻した直後には常にそばにいた、100年の戦友かつ旅仲間の羽入の姿がないのです。叫んでも出てきてくれません。



あとはー。鷹野三四ですが、「祭囃子編」において、鷹野の幼少の頃の悲しい物語が描かれていたため、彼女の終末計画やオヤシロ様の祟りと称した怪事件も少しの同情を持つことができます。

「澪尽し編」ではそのシーンが一切ないため、ただのエゴイストみたいな完全悪役状態です。終盤あたりでは執念と恨みとその意志だけで行動している様は非常に痛々しいものでしたけどね。





「澪尽し編」は、古手梨花が鷹野三四が仇敵であることを思い出し、早い段階からK The マジシャン(前原圭一)を引き込み、今までの惨劇の伏線を潜り抜けていきます。

「祭囃子編」の序盤を覚えていないのでなんともいえないのですが、今回の前原圭一はちょっと違いました。
以前のカケラの古手梨花の話を無意識的に記憶していました。

「鬼隠し編」の起こり得る時期にあたる冒頭、彼は葬式?か何かの用事で東京へ出ていました。
そのときに彼は過去に自ら起こした"事件"のざんげをしていました。

「示談金も渡しているし、もう終わっていること。いまさら俺がいったところで逆撫でしかねない」

そう。世間体的には既に終わっている話でした。
でも彼は自分が許せないでいました。
結局は親の後ろに隠れて、済ませてもらったようなもの。
以前のカケラで彼が言われた言葉、それは――

「あなたの罪を許しましょう。圭一」 (うろ覚え)

自分で書いていてつじつまが合わないような気もするが大体こんな感じだったはず。

心の迷いと闘いながらも彼は被害者宅へ到着します。そのときの風景描写もすごかったですね。
玄関のインターホンを押してからの時間。まるで終わりが来ないような、長かったのか短かったのかもわからない。いやな汗が滝のように流れる。

(中略)

帰り際に被害者の女性(原作は小さい女の子なのかな)がモデルガンの玉を渡します。

「もう誰も傷つけないと約束してください」

圭一はそれに誓って、無条件に仲間を信用する、という状態が生まれたようです。
古手梨花による別のカケラの話も信じてくれた。たいていの場合は誰もが耳を傾けないでいたが、彼はそれでも信用した。



・・・なんだかあらすじかいてる気がしてきたぞ。

こんなこと続けていたらいったいどれだけの時間がかかるかわからない。

えーいッ




(超☆中☆略)





はいこんちわ。

鷹野が古手神社に古手梨花の身柄および富竹ジロウの遺失物の提出を要求します。

(ここから書くのも骨が折れそうだな・・・)

遺失物?なんぞやそれって思いますでしょう。そうでしょう。

アーーーーッ

大変なことを忘れていました。羽入はこの世界に存在していないわけではなかったのです。

珍しく(黙)神として暗躍していたのです。

時折、ピンチなとき、迷いのあるとき、疑心暗鬼になりかけているときなど、鈴の音がシャランと鳴って羽入の言葉が頭に響きます。
そのシーンに入るたびに鳥肌たつんですよねー。

その言葉も非常にありがたいお言葉でしてね・・・感動モノです。

感動を表す際に鳥肌が立つという表現は間違っています。使えないのです。
しかし使わずにはいられません。そうでしょ。

その言葉に導かれながら、惨劇の伏線を回避していくのでした。

もちろん羽入の力だけではありません。

圭一たちも惨劇の根源を立つために先手先手で動いていました。

鉄平ちゃんが雛見沢に帰ってきてしまうと、北条沙都子が連れ去られて、彼女が壊れてしまいます。

「ワシら仲良し家族やで」   wwwwwwwwwwwwwwwww

それを防ぐべく手段として、鉄ちゃんをどうにかするのではなく、雛見沢に来させない、という方法をとりました。

この結論に行き着くまでにもいろいろ議論があったのですが、えーと書くの?

梨花の最初の考え、それは、悔しいけど一度鉄平ちゃんが沙都子を連れ去る。その後に口先の魔術師の力で町会連中を説得し、薗崎家を説得し、役所に押しかけ、北条家の軽蔑の目もなくなってめでたしな案。
つまりは別のカケラであった話そのものですね。


圭一は違った。
なぜ鉄平ちゃんが雛見沢に戻ってくるのか。
それは間宮リナが殺されるから。
なぜ殺されるのか。
それは園崎系列の上納金を㌧ズラしようとしたから。
ならばさせなければいい。間宮リナを生かすんだ、と。

端折って結果は盗みは失敗に終わり、リナは園崎家に消されずに済みました。
しかしその女は入江診療所に盗みに入ってしまいます。
それが運の尽き、鷹野に見つかって薬のモルモットさんなのです。にぱ~☆

せっかく生かしたのに、リナ死亡。結局悪の根源鉄平ちゃんが着てしまいます。

話の前後は覚えてないが、梨花や、レナ、圭一も鉄平ちゃんと肉弾戦してたと思います。

梨花に催涙スプレーぶちかまされて、ムスカ状態のところに急所(こめかみあたり?)を蹴り上げたりと応戦するが、女子供にも容赦ない鉄平ちゃんたちが優勢でした。

あれ?レナは入ってたかな?ssと混じってるかもしれないです。とりあえずふるぼっこされたのでした。

あー。そうだ。赤坂が来るんだ。

「遅くなってごめん。助けに来たよ梨花ちゃん!」

この辺からだったからでしょうか。圭一が空気になり始めたのは。

もう中略っ

鉄平ちゃんたちは逃げるんですが、いつのまにか鷹野たちに捕まって、ノドカキムシール投与されて絶命。
所謂、富竹のかわりにですね。

本来つかまってH173(だっけ?雛見沢症候群末期L5まで引き上げる薬、俗に言うノドカキムシール)を投与されるはずだった富竹は羽入により生かされていた。麻酔銃打ち込まれて鬼ヶ淵沼にオチて行方不明になっていたがそのうち登場する。

そのころに確か、力を使い切った羽入が川上からドンブラコドンブラコ・・・

「圭一!羽入が見えるの!?」

その前にあれか、梨花がこの世界で初めて羽入を確認するのかな?

「羽入!あんたどこに行っていたのよ!目を開けて羽入!あんたがいないと私は・・ッ」

冷え切った体の羽入を梨花宅に搬送するが、フッとその場から姿を消してしまう。


ぬあーーーーそのあとなんだっけ

いやまて、超中略の直後、

鷹野が古手神社に古手梨花の身柄および富竹ジロウの遺失物の提出を要求します。

と記しておいて話が進んでいなかった。


正面から圭一が梨花を連れて古手神社へ行きます。
この頃別働隊が背後に回ってるそうですが、鷹野たちも抜かりなく、応戦しているよう。

はったりの手榴弾使ったり、要求の揚げ足とって見たりして時間を稼ぐが別働隊が来ない。

ついには鷹野が圭一に向かって発砲するが、そこでチート発動。

羽入によるヒナミ・ザ・ワールド(≒時が止まること?)展開。

時が止まっているが圭一の目や耳や口や心臓や思考は停止していない。

そこで羽入とのやりとり。

「そこで諦めますか?仲間を守れぬまま死んでゆくのですか?」

「こんなところで死ぬなって真っ平ごめんだ。でも体が動かないんだ」

「それはあなたの意志が足りないから。彼女に勝る強い意志があれば、あなたは動くことができる」

「うおぉぉぉぉぉぉおおおおお!!!」

また時が刻まれ始める。紙一重で弾丸をかわす。

「なっ、この距離で」

ここからかな?鷹野が連射するけど圭一がかわし続けるチートは。

パンッ パンッ パンッ

と銃声が続くが空を切る。

そのうち一発が先ほどはったりに使った手榴弾(催涙系)にあたり発動してしまう。

「今だ梨花ちゃん!」


・・・長いよ長すぎるよ。15時間を語るんだからしょうがないのか。もう面倒になってきた。
感想どころかやっぱりあらすじじゃん。バーカ

このあと沙都子と合流してトラップ地獄かな?捜索部隊の山狗は面白かったですよ。

「もうやめろ!そいつは子供じゃない。悪魔だ!俺たちの勝てる相手じゃない」

「クールになれ。俺は雲雀の13番」

雲雀13はずいぶんとネタだったと思います。

鷹野も焦らしを押さえられなくなって進もうとするがすぐにワイヤー系罠にかかり血まみれに。立ち絵がおどろおどろしい。




また話が前後してしまうが、鷹野たちには強みがあった。
女王感染者を殺害しても末期症状が蔓延しないかもしれないという可能性。
しかし鷹野は完成させていた。H173-02とやらを。
それを散布することで強制的に引き起こしてしまうそうです。症候群をね。
そっちのほうは赤坂、大石、熊ちゃん、詩音、爺さんの別働隊で鎮圧を成功させていた。
鷹野はすでに散布の号令の照明弾を放っていて、ヘリは出発直前だったという。

「東京」との連絡も絶たれ、山狗も壊滅、終末作戦も実行不可。

鷹野は折れているであろう足を引きずりながら古手神社に来る。
そこに梨花も居合わせる。


神とされてしまった者

神になろうとした者


鷹野の意志は強かった。それを証明するのは容易い。
100年もの間彼女は勝ち続けていた。
この強い意志を覆すことができないのであればその運命も、とも考えたそうだ。
羽入がそれでも梨花を生かし続けたのは、娘であった桜花の影を梨花に落としていたから。
ここで桜花を出すと1000年前の話も必要だがもう今回はやめます。

もうひとつの理由は鷹野の本心ではなかったから。

強い意志が本心でないというとちょっと怪しくなってしまうが、つまりは鷹野自身この行為を誰かに止めてもらいたかったという気持ちがあったということらしいです。

この場面でも鷹野は銃乱射します。

玉無限vs完全回避チート

しかし、梨花も羽入も体力の限界が近くなってきました。
最後のとどめに一発打ち込もうとするその時

「今までもたくさん奇跡のようなことが起きてきたわ。でもそれは強い意志があれば成せ得ること」

「ここで本当の奇跡を使うことにするわ。オヤシロ様の生まれ変わりなんだからそれくらいは許してね」

お、おい。強い意志とやらがあれば近距離の発砲を回避し続けられんのかよ とかつっこみをいれつつ、引いた引き金からは玉が出ない。
同時に鷹野は体制を屈し転倒する。なお玉を装填しようとするがもう手もおぼつかない。

中略

番犬部隊も到着し、鷹野を取り囲む。

「鷹野三四はここよ!」

4つの銃口から玉が発射される。

「やめてぇぇえええええ!」

梨花の叫びも虚しく銃弾は鷹野へ。
しかし、玉を受けたのは羽入だった。

「羽入ッ!! 目を開けて、しっかりしてよ!」

「梨花は僕に頼ってばかりでした。」

ミタイナ感じで姿を消した経緯など話してました。

「僕は夢を見ていました。幸せな夢です。僕も部活メンバーと部活をしているのです」

そのまんま「祭囃子編」を示唆していますね。

えーとカットするような部分じゃないのですが中略します。

羽入消えちゃいます。

「いつでもそばにいるのです。僕は雛見沢の守り神ですから・・・」

でもって、鷹野は富竹が

「雛見沢症候群の末期症状が見られる。身柄は調査部が保護する」

というか後半の富竹が異常。狙撃の名手ってなんだ!?きいてないよ!

どこのそげキングだよまったく



といった感じの羽入を失ってしまうが袋小路を抜け出す完結編。
やっぱり「祭囃子編」のほうがいいかな。最終的には・・・?




いやはや、見てくれた方ありがとうございます。苦しかったでしょう。

自分で何かいてたかもわかりません。

この事件の真相をきっと暴いてください・・・

得たものは強い意志の意味。

生半可じゃ他の意志に屈するって事かな。

あとは一人だけの強い意志はただの野心。

自分の意志を周りに理解してもらって初めて強くなるのかな?

信じなければ何も始まらない。

絶望という敵に 信頼という絆で闘う。

今の時代は虚言に偽り、騙し合い、蔓延ってますね。簡単に信じろって言うほうが難しいかも知れない。

あなたも信じ合える仲間。みつかるといいですね。


ありがとうございました。アナタも私もきっと疲れています。今日は早く寝ましょう。



羽入先生から私たち人間に対してありがたいお言葉

「蒙昧で臆病で下劣で恥知らずで傲慢で嘘吐きで野蛮で最低な、醜い汚い儚いゴミ生物」

「最低最悪の生物だ!! いや、生き物度同列に扱うことすらおぞましい!」
「害を吐き散らかして、この世のありとあらゆるものを食い散らかして蝕むゴミだ!!」

詫びても詫びきれない。人間はどうしたらいいのでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ほほう

それほどまでに心酔しているとは・・意外ですね(キリッ

プレイ時間100時間超えるとか鬼ですね;;
まぁヘビーユーザー向けっぽいから仕方ないですねぇ

マンガとかいいんじゃないんですか?
前記事の諭吉sにたのめば万事OKかとww

あと、コンプレックスイマージュがすきでしたら、エンジェリック・ブライト、ルナティック・ティアーズ、エンドレス・ティアーズ、アライバル・オブ・ティアーズ(つづり自信ないので全部カタカナです;;)がお勧めです^^
全部、彩音ですb
特に1つ目はひぐらしのDS版の主題歌なのでおすすめですw

こちらこそ長文失礼しました(・ω・`)

Re: No title

いいえいいえ!どうもありがとうございます!

最近は朝刊配達のおよそ2時間30分コンプレックスイマージュとこころむすびのループという^^;

ゆゆゆゆ、諭吉さんはもう怖くてずっとドアに張り付いてるwww

お、そういえば給料日過ぎてるなぁ こんな趣味にお金使うのもありなの・・かな

同系統の曲列挙、ありがとうございますっ! さっそく検索じゃー!

プロフィール

うぐいすどん

Author:うぐいすどん
あることないこと、なんでも書きます。
更新不定期、内容乱雑

そうだ楓サーバです

MapleStory_100219_175857_129.jpg

MapleStory_110209_163543_526.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
よく見つけたね すごいというのが控えめな表現だよ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。